口コミでも評判!熊本で注文住宅を建てるのにおすすめの工務店をランキング形式でご紹介!【理想の新築一戸建てを実現!】

注文住宅の依頼から完成までの流れを知っておこう

新築物件を購入する際には分譲住宅にするのか注文住宅にするのかによって、購入するまでの流れが異なります。

購入するまでにはどのような手続きが必用であり何を準備しておくのかを知っておく事によって、効率よく物件の購入をする事ができます。

 

 

土地を購入して物件のイメージをする

注文住宅を購入する際にはハウスメーカーが条件付きとしてそのメーカーでの建築を条件にしている土地とそうでない土地があります。

まずはどの場所に物件を建築したいのかを明確にする必要があり、土地の広さであったり形によって購入する物件のデザインが異なります。

条件付きで販売されている土地の場合には格安で土地を購入できる可能性があります。

その土地の相場がどれくらいであるのかを知る事によって、どれだけお得に土地を購入して物件を建築する事ができるのかを知る事ができます。

土地を購入すると次に必要になるのがどのような暮らしをしていくのかをイメージして、注文住宅のイメージをしていく事になります。

多くの人が初めて物件のイメージをする事になるので、まずは絶対に譲れない条件として住宅性能であったり金額面を明確にしていきます。

次に建物のイメージをしていく事になりますがこの際にデザイン住宅にするのか輸入住宅にするのかなど、大まかなイメージをしていく事が必用です。

イメージした物件を建築する事ができる施工業者選び

注文住宅を建築する際には自分が希望する土地で理想の物件を建築していく事ができますが、このイメージを叶えてくれる施工業者選びをする事が大切です。

施工業者選びをする際にはどのような家の建築を得意とする施工業者であるかを比較して検討する事が重要になってきます。

施工業者が決定したら敷地調査と地盤調査を行って理想とする物件の建築が可能であるかを調べてもらう事になり、土地の条件にあわせて建築イメージを固めていきます。

このあたりから大まかなイメージから細かいイメージに絞っていく事が必用になりますが、庭の広さや玄関の位置などまずは外観の配置を確定させていきます。

これらを考える際に重要な事として周辺の交通状況がどのようなものであるかを確認するなど、家だけのイメージではなく近隣との整合を考える必要があります。

外観を確定していくと次に家の中の間取りを考えていく事になりますが、まずはこの際に絶対譲れない条件を抑えていきます。

そして現時点の生活環境から今後の生活環境がどのようになっていくのかを想定して家の間取りであったり動線を考えて設計していく事になります。

契約から引き渡しまでに必要な事

建築のプランが確定するといよいよ請負契約をする事になりますが、この際に工事請負契約書や工事請負契約締結書、見積書や設計図書の書類が渡されます。

これらはかなりの量になってしまうので契約当日にすべてをチェックする事は難しいので、事前に写しをもらっておいて分からない部分や疑問は事前に問い合わせる事も大切です。

契約を行うと着工する事になりますが建築プランが建築基準法などの法令に適合しているのか審査を受ける必要があり、建築確認申請をする事になります。

建築確認申請が完了すると次に地鎮祭や上棟式を行って着工していきますが、この際に近隣の住民に対してあいさつまわりなどをする事が大切です。

建築工事が終わると完成立会いを施工業者の担当者や工事管理者と一緒に建物のチェックを行い、床や壁などに傷がないかなどを確認する事になります。

補修工事等をすべて完了させると引き渡しになり、その後引越しを行って晴れて新築物件での生活をスタートさせる事ができます。

まとめ

注文住宅を購入する際には自分がどのような生活をするのかをイメージしながら土地を探したり、物件のデザインを考える必要があります。

人生の中で大きな買い物になるので慎重に土地探しをしたり施工業者を選択する事で、より快適な生活を手に入れる事ができます。