口コミでも評判!熊本で注文住宅を建てるのにおすすめの工務店をランキング形式でご紹介!【理想の新築一戸建てを実現!】

注文住宅を建てるなら災害の対策を行おう

住宅は人生の中でも最大の買い物と言っても間違いではなく、簡単に買い替えるようなものではありません。

そのために住宅を建てる際にはあらゆる事態を想定する必要があり、災害は考慮すべき案件です。

注文住宅は買い主の希望を最大限に受け入れて建てられるので、災害の対策のために買い主が注文することができます。

被害が起きてから後悔しても遅いので、形になる前にあらゆる事態を想定しておくことは大切です。

 

地震が発生した場合に倒壊を防ぐ住宅とは

日本は世界的にも有名な地震大国であり、日本に住んでいる以上、地震の被害を受けないというのは難しいでしょう。

そのため注文住宅を建てる際には地震が起きることを予想し、その対策をしっかりと施しておくことが大切です。

最も効果的なのは免振住宅であり、これは地震によるエネルギーを家が直接受けないようにしている構造になっています。

住宅によく使われているのは土台部分に地震対策用のラバーを使用するものであり、このラバーによって地震の揺れが拡散されます。

地震による揺れでは頑丈過ぎるとエネルギーを全て受けてしまうため、倒壊を起しやすくなってしまいます。

日本最古の木造建築物である法隆寺が倒壊しないのは、地震に対して建物が揺れてエネルギーを受け流す構造になっているからです。

古来の木造建築物では家の土台に置き石をして、その上に住居部分を置くという形式を行っていました。

つまり住宅が置き石に乗っているという状態で、家の重さだけで動かずにいるという仕組みになっているのです。

不安定なように見えますが、このような構造にしていると地震エネルギーが直接に家が受けないため、倒壊しにくくなっています。

現代では建築基準法でこのような造り方はできませんが、先人の知恵を受け継いだ免振住宅は地震にはとても強くなっています。

 

台風や水害に強い住宅とはどのような住宅か

近年は台風の発生件数が増加して、今までにないほどの勢力になった台風が日本に直撃することが増えてきました。

また局地的に集中豪雨することも珍しくなく、どんなに河川を改修しても、その施設が役に立たないということが起きるようになっています。

水害の場合には浸水が大きな問題になりますが、これはどのくらい水位が上昇するのかその時にならなければわかりません。

そのためにいくら高くしても仕方ない部分があるので、注文住宅では床上まで浸水した後処理を想定した建て方が重要になります。

基礎部分が水によって腐食することを防ぐようにするには、使う材料に一定の処理を行うことが必要になってきます。

木造は腐食しやすいという欠点があり、防腐処理を施しても長い時間をかけて水に浸かってしまうと、その効果も薄れます。

鉄筋も同じで錆びるという腐食が起きてしまいますが、防錆効果をすれば木造よりも強いのは確かです。

注文住宅では水に浸かってしまうことを前提にして、いかに排水を良くするのかを考慮した方がいいでしょう。

水というのはいつまでもその場に堆積するわけではなく、時間が経てばいずれは排水されていきます。

それが住宅の構造からいつまでも残ってしまうのは良くないため、水が少しでも早く抜けるような構造にしなければいけません。

 

火災によって起きる住民の被害を軽減する

火災は自分が起こす場合もありますが、他で発生した火災が延焼ることも十分に考えられます。

隣家と密接していなくても火の粉などによって延焼は発生するので、相当に離れていない限りは火災対策も大切です。

木造住宅はどうしても燃えやすく防炎対策を施した材料を使っても、どうしても鉄筋で作った場合よりも燃焼しやすいという欠点があります。

しかし鉄筋で造った住宅は価格面で木造よりも高くなり、リフォームしにくいというデメリットがあります。

住宅はそれから何年もそこに住むことになるため、将来にリフォームを行わないとは言い切れないでしょう。

そこで大切になるのは火災が発生した場合に鎮火しやすい構造にすることであり、配電施設やガス施設には配置に気を配る必要があります。

ガスは一定の熱を感知すれば供給を遮断する機能を持たせることができるので、これは是非とも活用するべきです。

また電気配線については目に付かない部分でも被覆処理を行い、むき出しの状態にならないことが重要になってきます。

住宅火災というと普通の火から起きると考えがちですが、電気がショートして起きる電気火花での火災も多いというのは考慮して下さい。

 

住宅とは同じ場所にそこから何年にも渡って建っているため、将来に向けて起きる多くの災害について考えていかなければいけません。

現在はそのための材料や建築工法が確立されていて、その方法を使うことでリスクを軽減することが可能です。

注文住宅は買い主が自らの考えを反映できる建物であり、災害の発生に対処するのは買い主の責務になってきます。




サイト内検索
熊本注文住宅業者ランキング!