口コミでも評判!熊本で注文住宅を建てるのにおすすめの工務店をランキング形式でご紹介!【理想の新築一戸建てを実現!】

注文住宅のデメリットとは?

洗練された内装や、住む人に合わせた生活動線など、素敵で暮らしやすい家を建てられることから、熊本エリアでも注文住宅を選ばれる人が少なくありません。

分譲住宅では真似のできないメリットをたくさん持っているのが注文住宅の強みですが、デメリットを把握しておくことも大切なので、どんなものがあるのか見ていきましょう。

 

コストが増えがちで場合によっては地盤改良も必要となる

とにかく費用がかさみがちになるのが注文住宅のデメリットであり、これは熊本エリアでも同様です。分譲住宅は一度にたくさん家を建てるため、建材の必要量が多く、大量仕入れによってコストダウンを実現します。それに対して注文住宅は基本的に世界で唯一のワンオフ住宅ですから、どうしても建築費用が増えやすいのです。

また、費用に関しては土地探しの時点で地盤調査も必要になり、最低でも数万円、できれば10万円程度は見ておかねばなりません。もしも調査によって地盤の改良工事が必須だと判定された場合は、工事を実施するか、別の土地を探すことになります。

改良工事費は当然建築費とは別であり、数十万円で済めば安いほうで、強度次第では百万円単位で必要になるなど、この点もデメリットと言えるでしょう。ただし絶対に高額な改良工事が必要という訳ではないため、このあたりはケースバイケースとしか述べようがありません。

 

やるべきことがいっぱいで向かない人には苦労する

設計プランや施工会社を好きなように決められるなど、注文住宅は選べる自由こそ大きなメリットですが、人によってはそれがそのままデメリットになります。選ぶことや考えること、それに決めなければならないことがかなりあるため、選択や決断が苦手な人ではデメリットになる筈です。

建築プランを決定するには各施工会社とヒアリングや打ち合わせを重ねていかねばならず、場合によっては図面の書き直しも複数回依頼します。最高のマイホームを建てるには入念な下準備が不可欠ですから、必要なこととはいえ手間と時間が掛かる作業です。

また、狭小地や境界線が複雑な変形地を購入した場合、ハウスメーカーでは対応できないことがあります。その場合は建築設計事務所に頼めばピッタリな家を設計してくれるので、注文住宅を建てることは可能です。それどころか設計のプロの手に掛かれば、ことのほか素晴らしい住まいを提案してくれると思います。

しかしながら設計事務所は原則的に図面の担当業者のため、建築工事の請負先は別途探さねばなりません。しかも工務店によって可能な工法がバラバラですから、完成した建築プランに対応する施工業者を探す必要があるのです。

 

請負契約後に着工するから引越しはかなり先になる

分譲住宅は概ね完成済みですから、売買契約さえ交わせば、後は準備が整い次第いつでも入居できる状態です。ところが注文住宅は建築工事の請負契約を結んでから着工するため、完成するまで数か月は待たねばなりません。

どれぐらいで完成するかは工法や規模などで違いますが、分譲住宅のように短期間で新生活をスタートできないことだけは確かです。もちろん実際に家が完成するまではどんな住まいになるのか分からないので、完成物件を確認できる分譲住宅と比べ、その点もデメリットと言えるでしょう。

そもそもこの段階に至るまでの道のりが長く、注文住宅は計画の初期から住宅展示場へ出向いたり、相談会やセミナーに参加していろいろ学ぶ必要があります。とはいえ夢のマイホームを目指し、希望に満ちた状態で取り組める場合なら、わくわく感でいっぱいで、デメリットなどと感じている余裕はないかもしれません。

 

ザッとデメリットを並べてみましたが、人によってはこれ以外でもデメリットに感じる部分があると思います。要は向き不向きの部分にも関わるため、人によっては手間暇さえも家が完成するまでの醍醐味として楽しめるでしょうし、向かない人には些細な作業でも心が折れるのではないでしょうか。

また、金銭的に高くなる傾向こそありますが、丈夫な家を建てれば長持ちして、結果的にコストパフォーマンスに優れる場合があるのも無視できないポイントです。




サイト内検索
熊本注文住宅業者ランキング!