口コミでも評判!熊本で注文住宅を建てるのにおすすめの工務店をランキング形式でご紹介!【理想の新築一戸建てを実現!】

注文住宅の定義とは?

熊本で注文住宅を建てることを考えている人の中には、それが具体的にどんなものなのかよく知らない人も多いでしょう。

ここでは、その定義や種類、そしてどんなメリットやデメリットがあるのかということを紹介します。

 

 

どんな定義なのか?2つの種類について

注文住宅というのは、依頼者が自分の希望に沿って建てることができるオーダーメイドの住宅のことを指します。あらかじめでき上がった住宅を売買する建売住宅とは違って、依頼者が住宅づくりに関わることができるという点が大きな特徴だと言えるでしょう。そしてこのタイプの住宅は、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅の2種類があり、それぞれに特徴が異なっています。

まず「フルオーダー住宅」は、木材や窓の種類をどうするかといった、住宅建築に関することを全て依頼者が指定できる住宅を意味します。フルオーダー住宅というのは、依頼者が望むままの住宅づくりを実現することができるという自由度の高さが最大の魅力です。ただし、この場合は建築に関する知識が必要になりますし、他の方法と比べて手間や費用もかかってしまいます。フルオーダー住宅が向いているのは、最高品質の住宅を造るためには時間や予算を惜しまないという人だと言えるでしょう。

一方の「セミオーダー住宅」は、基本的な仕様が決まったものに対して、部分的に依頼者の要望を反映させることができるという住宅になります。ですので、風呂やキッチンといった設備や外壁の色を自由に選ぶことができますし、部屋の間取りも依頼者の希望によって決めることが可能です。

先ほど紹介したフルオーダー住宅の場合は、建築の知識や豊富な予算が必要になりますが、セミオーダー住宅の場合は、比較的気軽に取り組むことができます。ほとんどの人は、フルオーダー住宅ではなくセミオーダー住宅の方を選ぶケースが多いと言えるでしょう。

 

どんなメリットが考えられるのか?

注文住宅のメリットとしてまず挙げられるのは「自由度が高い」ということであり、特にフルオーダー住宅の場合は全て自分で決めることができます。建売住宅の場合は、すでにでき上がったものなので、不満があっても妥協しなければならないことも多いと言えますが、オーダーメイドの住宅であれば自分の希望を反映させることが可能です。

次に挙げられるメリットは「建築現場を確認できる」ということであり、手抜き工事の抑止にも役立つということです。ですので、建売住宅と比べると、いわゆる欠陥住宅と呼ばれるものが少ないと言われているため、より安心して作業を任せることができるでしょう。

さらに挙げられるメリットは「予算に合わせて調整ができる」ということであり、こだわる部分とそうでない部分のメリハリを付けることができます。

 

どんなデメリットが考えられるのか

注文住宅のデメリットとしてまず挙げられるのは「居できるまでの期間が長くなってしまう」ということです。建売住宅であれば、すでにでき上がったものを購入するため、早く入居することが可能ですが、オーダーメイドの場合は、面談や建築作業、そして土地探しなどで時間がかかってしまいます。

他にも「後から要望が増えて予算オーバーになってしまいがち」になることや「完成した姿をイメージしづらい」といったデメリットもあると言えるでしょう。

 

注文住宅とは、依頼者の希望に沿った建築ができる住宅であり、自分が建築に関わることができるという特徴があります。種類としては、全てを依頼者が決めることができるフルオーダー住宅と、基本的な仕様が決まっているセミオーダー住宅の2つがあります。

そして注文住宅のメリットには、自由度が高いことや建設現場を確認できることなどがあり、デメリットには、入居するまでの期間が長くなってしまうことなどがあると言えるでしょう。




サイト内検索
熊本注文住宅業者ランキング!