口コミでも評判!熊本で注文住宅を建てるのにおすすめの工務店をランキング形式でご紹介!【理想の新築一戸建てを実現!】

注文住宅はどのくらいの費用がかかる?

マイホームとなりますと、何をおいても自らのリクエストを叶えられる注文住宅に魅力があります。

そして、予算をそれなりに自由自在にセッティングすることができるというアピールポイントがあります。

ですから、費用について理解しておくことは大切です。

 

 

 

 

全体的に必要となる費用について

注文住宅を建築する時の予算に於いて非常に多くの割合を占めるのが土地の入手コストです。

都心部で戸建てを建築する場合は、とりわけ土地に関するコストが高くなる傾向にあります。

それに加えて、もうすでに持ち合わせている土地に建てる場合、コストは必要ありません。

しかし、地盤があまり強くない土地の場合や整備が行われていない場合、別途コストがかかることがあります。

それから、戸建て本体の費用が挙げられます。

基礎工事、あるいは外装工事、さらに内装仕上げや設備工事など戸建完成に必要不可欠な工事が含まれます。

それに加えて、工事の依頼先によっても、建築費は相違します。

一般的に考えて、ハウスメーカーや中小会社、工務店の順にコストが抑えられます。

更に、注目されている設計事務所にお願いする場合も、コストが高めになることが見受けられます。

また、戸建てを手に入れる時に、登記を実施します。

登録免許税 や司法書士報酬、実費などが必要です。

住宅を建築するには、こういった項目ごとに予算を割り振り、合計額を予算内に抑える必要があります。

 

一般的な相場と予算別の特徴把握の重要性

注文住宅を建築するためには、いろいろな項目に予定している予算を割り振ることが重要になりますが、当然メインになるのは建築費といえます。

建築費の予算をどれほどにするのかが、住宅の予算組みにおきましてとりわけ大切なポイントだと言えます。

一般的に考えて、注文住宅の建築に求められるコストについては3000万円台くらいが相場と考えられます。

そして、予算ごとにどういった住宅を建築することができるのかを理解することが重要になります。

土地購入費を除いた建物の予算別の特徴について把握することは大事になってきます。

 

予定している予算金額別の主な特徴

建築費用が1000万円台であると、相場よりも抑えることになります。

その結果、無駄を省いて、シンプルに建てることになります。

まず、建物の形状については、上から見て長方形や正方形のようなシンプルな設計となります。

壁もレンガといった仕上げ材は使いません。

その他、設備も、浴室換気乾燥機といったハイスペックなものは使わず、最低限の機能の製品を利用することになります。

全体で単純な住宅となるため、施工スケジュールについては、スタンダードな住宅よりも完成が早まるでしょう。

さらに、発注先として、工務店といった小さい規模の会社などに依頼することになるでしょう。

一方、2000万円台のケースでは、グレードをあげることが可能になります。

建材や部材に関して、量産品だけではなく、こだわりのある材料のものを活用することも可能です。

全てリクエストを実現することは困難ですが、優先度の高いリクエストについては達成できる可能性があります。

発注先として、中小零細企業の建築会社などがあります。

3000万円台のケースでは全国平均の予算にとても近いことから、およそ希望している戸建てを建てられる予算と言えます。

3000万円台で建てる場合、通常の場合床延べ面積が120から130㎡になります。

 

以上のように、建築費用にかけられる予算により、住宅の出来上がり具合は違ってきます。

予定している予算が潤沢にあれば、予算を費やした分だけリクエストは実現可能といえるでしょう。

しかしながら、実際のところ、予算はそれなりに制約されてきますから、その限りのある予算の中で建築費用にどれくらいの予算を費やすかがキーポイントになってきます。

 




サイト内検索
熊本注文住宅業者ランキング!