口コミでも評判!熊本で注文住宅を建てるのにおすすめの工務店をランキング形式でご紹介!【理想の新築一戸建てを実現!】

将来を考えてバリアフリーの注文住宅を依頼しよう

20代・30代と若いうちにマイホームを建てる人も少なくありません。

もし、この年代で注文住宅によるマイホームを考えているのであれば、将来を考えてバリアフリーの住まいを依頼すると良いでしょう。

バリアフリー住宅を建てるときのポイントを抑えてみました。

 

 

高齢者にも使いやすいトイレとは

年齢を重ねるにつれマイホームの中でも水回り、特にトイレの位置というのは重要になってきます。

例えば寝室から遠い位置にトイレを作った場合、歩くのも辛くなってしまう高齢者だとトイレに行くだけでも大変です。

なので注文住宅を建てるときは、年齢を重ねたときのことを考えてトイレは寝室の近くにすると良いでしょう。

さらに、トイレはできるだけ広めに作るのがおすすめです。

限られた土地に家を建てることになる日本では、リビングなど他の部屋に広さを求めてしまいがちです。

ですが、もし車椅子生活なったときトイレにある一定の広さがないとトイレの前で一旦車椅子から降り、歩いてトイレまで移動しなければいけません。

車椅子で移動することになった高齢者にとって、トイレの前からトイレに座るまで自分の足で歩いて移動するというのは、かなり体力を必要とする行為です。

トイレは1日に何回も行く場所なので、できるだけストレスを感じない作りにする必要があります。

もし、車椅子生活になったとしてもトイレに車椅子で入れて、さらに介助してくれる人も一緒に入れるようなスペースがあれば、ストレスなく生活することができるでしょう。

 

洗面所やお風呂といった水回りのポイント

トイレ以外にも洗面所やお風呂といった水回りも、バリアフリー化しておくことをおすすめします。

高齢者になるとちょっとした段差でも躓いてしまい、最悪骨折をしてしまう可能性もあります。

洗面所とお風呂場は段差がないようにすると、躓く心配もなくなりますし、車椅子でも移動がしやすくなるでしょう。

また洗面台の高さにも注目する必要があり、最初から車椅子生活を想定した高さで作っておくと年齢を重ねてからリフォームする必要がありません。

車椅子生活を考えて洗面台の高さを決めると健康な大人にとっては少し低く感じるかもしれませんが、お子さんや高齢者にはとても便利です。

この他に近年、高齢者の死亡ケースと増えているヒートショックを予防するために、寒暖差が大きくなる洗面所とお風呂には暖房を設置するというのも必要となってきます。

お風呂の床は滑りにくく、水はけが良い素材を選んでおくと転倒による怪我を予防できるのでおすすめです。

 

忘れがちな廊下の広さにも注意が必要

バリアフリー住宅を考えると水回りのみに注目してしまいがちですが、その他にもいくつか押さえておきたいポイントがあります。

そのポイントの1つとして挙げられるのが、車椅子と介護する人とが同時に通ることができる幅の廊下です。

できるだけ他の部屋を広くしたいという場合、どうしても廊下は狭くなってしまいがちですが終の棲家を作る目的で注文住宅を依頼する際は、廊下もしっかり広くとっておきましょう。

車椅子の大きさによっても異なるものの、もし車椅子生活となった場合は約90センチ程度の廊下が必要となります。

この90センチというサイズはあくまで、車椅子で進むだけ・戻るだけという一方通行のケースのみです。

もし廊下で車椅子を回転させ方向を変えて移動するとなると、約150センチほどの広さが必要となるでしょう。

廊下はのちのちのリフォームで広くするというのが難しいと言われているので、最初に建てるときにあらかじめ車椅子でも移動しやすい十分な広さを確保しておくことが大切です。

 

人は誰しも歳を取って、身体機能も衰えていきます。

バリアフリー住宅にしておくことで、年齢を重ねても住みやすいマイホームをキープできるのです。

また、バリアフリー住宅は高齢者だけでなくどの年代でも、暮しやすい家でもあります。

将来を見越して注文住宅を建てるなら、バリアフリー化を検討してみてはいかがでしょう。